光合成水素生産研究所

ホスティング・レンタルサーバー

  • 神奈川大学プロジェクト研究所
  • 光合成水素生産研究所(理学部生物科学科井上研究室)
  • Research Institute for Photobiological Hydrogen Production

H2 production in Bottle and Bag Color variation of photosynthetic bacteria

研究所の設置目的

石油などの化石燃料の利用は、温室効果、大気汚染、酸性雨などの深刻な環境問題の原因となっています。 そのため近年、化石燃料に取って代わる再生可能でクリーンなエネルギー源として、光合成微生物が注目されています。

すでに当研究所では、光合成微生物であるシアノバクテリアを遺伝子工学的に改良し、水素発生効率を世界最高水準に高めることに成功しました。 この研究成果をもとにして、光合成を利用したクリーンで再生可能なエネルギー源の技術開発を目指します。 同時に、光合成細菌を使った光合成系の基礎的な研究も進めています。

惑星「地球」と共進化し、現在の地球環境の維持に欠かせない役割を担っている光合成生物。 その研究を通じて「生命の進化」の理解のみならず、「未来の人間社会の在り方」に関しての提言を行います。

新着情報

*旧 Web Page は櫻井英博 客員教授の研究紹介からご覧頂けます。

[誌上発表]

Tatyana Laurinavichene, Masaharu Kitashima, Kenji V. P. Nagashima, Takeshi Sato, Hidehiro Sakurai, Kazuhito Inoue, Anatoly Tsygankov (2017)
Effect of growth conditions on advantages of hup-strain for H2 photoproduction by Rubrivivax gelatinosus. International Journal of Hydrogen Energy. 42. 10.1016/j.ijhydene.2016.12.074.
Takeshi Sato, Kazuhito Inoue, Hidehiro Sakurai, Kenji V. P. Nagashima (2017)
Effects of the deletion of hup genes encoding the uptake hydrogenase on the activity of hydrogen production in the purple photosynthetic bacterium Rubrivivax gelatinosus IL144. The Journal of General and Applied Microbiology. 10.2323/jgam.2017.01.003.
Kenji Nagashima, Mai Sasaki, Kanako Hashimoto, Shinichi Takaichi, Sakiko Nagashima, Long-Jiang Yu, Yuto Abe, Kenta Gotou, Tomoaki Kawakami, Mizuki Takenouchi, Yuuta Shibuya, Akira Yamaguchi, Takashi Ohno, Jian-Ren Shen, Kazuhito Inoue, Michael T. Madigan, Yukihiro Kimura, Zheng-Yu Wang-Otomo(2017)
Probing structure-function relationships in early events in photosynthesis using a chimeric photocomplex. Proceedings of the National Academy of Sciences. 114. 201703584. 10.1073/pnas.1703584114.
井上和仁(2016)
人工光合成への道筋(1)-生物学からのアプローチ 夢の新エネルギー「人工光合成」とは何か,光生物学協会編 井上晴夫監修 第4章 pp103-120、 2016年8月 講談社ブルーバックス
北島正治、櫻井英博、井上和仁、増川一(2016)
シアノバクテリアからの高効率水素生産,再生可能エネルギーによる水素製造、2016年9月 第4節 pp.143-151 S&T出版
井上和仁 (2016)
ヘテロシスト形成型シアノバクテリアを利用した光生物学的水素生産法,光触媒/光半導体を利用した人工光合成?最先端科学から実装技術への発展を目指して,堂免一成、瀬戸山亨 監修 第2編 第2章 pp84-91、2017年 1月 NTS出版
Daisuke Seo, Masaharu Kitashima, Takeshi Sakurai, Kazuhito Inoue (2016)
Kinetics of NADP+/NADPH reduction?oxidation catalyzed by the ferredoxin-NAD(P)+ reductase from the green sulfur bacterium Chlorobaculum tepidum. Photosynth. Res. 130:479-489, 2016, DOI 10.1007/s11120-016-0285-3
Hajime Masukawa, Hidehiro Sakurai, Robert P. Hausinger, Kazuhito Inoue (2016)
Increased heterocyst frequency by patN disruption in Anabaena leads to enhanced photobiological hydrogen production at high light intensity and high cell density. Appl Microbiol Biotechnol DOI 10.1007/s00253-016-8078-3
Hidehiro Sakurai, Hajime Masukawa, Masaharu Kitashima and Kazuhito Inoue (2015)
How Close We Are to Achieving Commercially Viable Large-Scale Photobiological Hydrogen Production by Cyanobacteria: A Review of the Biological Aspects Life, 2015, 5, 997-1018
Hajime Masukawa, Hidehiro Sakurai, Robert P. Hausinger and Kazuhito Inoue (2014)
Sustained photobiological hydrogen production in the presence of N2 by nitrogenase mutants of the heterocyst-forming cyanobacterium Anabaena. International journal of hydrogen energy, 39, 19444-19451
増川一、北島正治、櫻井英博、井上和仁 (2014)
糸状性シアノバクテリアの窒素固定酵素ニトロゲナーゼを利用した光生物学的水素生産「光合成研究と産業応用最前線」, エヌ・ティー・エス pp.273-279
Nagashima KVP, Vermeglio A, Fusada N, Nagashima S, Shimada K, Inoue K (2014)
Exchange and Complementation of Genes Coding for Photosynthetic Reaction Center Core Subunits among Purple Bacteria. Journal of Molecular Evolution 79, 52-62
永島賢治、櫻井英博、井上和仁 (2014)
紅色光合成細菌による水素発生.監修 三宅淳、佐々木健「光合成のエネルギー利用と環境応答」シーエムシー出版 154-162